赤ちゃん

赤ちゃんの肌トラブル

ベビー

どんな種類があるのか

乳児湿疹は生後2週間くらいから現れる赤ちゃんの湿疹です。多くの場合は、1歳から2歳になるくらいまでに消えてしまいます。しかし、乳児湿疹は大半の赤ちゃんに見られる症状です。乳児湿疹には1種類ではなく、赤ちゃんに見られるいくつかの種類の湿疹を合わせて修辞湿疹と呼んでいます。その種類としては脂漏性湿疹、あせも、おむつかぶれ、新生児ニキビなどがあります。あまりにひどい湿疹の場合は、アトピーやアレルギーであることもありますので、ひどい場合には小児科医を受診する必要があります。素人が判断することは難しいですので、気になる場合は早めに受診するようにしましょう。また、1カ月健診や3カ月健診のときに相談してみることも良い方法です。

対応方法とは

新生児のニキビや脂漏性湿疹はとても多く見られ、乳児湿疹のん代表例と言えます。その原因はお母さんからのもらった女性ホルモンの影響で皮脂の分泌がさかんになっていることです。対応策としては常に肌を清潔に保つことが第一です。清潔にした幹部にワセリンを塗っても効果があることがあります。それでも悪化する場合は小児科医を受診すると、薬を処方してもらうことができます。夏の汗をかく時期やねんね期の赤ちゃんにはあせもも見られます。あせもは、水あひや沐浴の回数を増やして、汗を流してあげることで改善します。夏はあせもができる前から、一日2回は水浴びしてあげるとあせもの予防効果があります。おむつかぶれも同様で、うんちをした際にお尻をお湯で流してあげて、清潔を保つようにしましょう。

乳児の湿疹を治そう

先生

アトピーや皮脂などが原因の乳児湿疹は、ベビーローションで対策するようにしましょう。また生後3ヶ月以降は皮脂が治まるのですが、逆に乾燥することになるので注意しておくと良いです。この乾燥もベビーローションで対策します。

» 読んでみよう

新生児の洗いもの

洗濯

赤ちゃんの肌は非常に繊細で敏感でストレスを感じやすいものです。そのため、洗濯をする際は、洗剤の残りがないよう十分に注意するとともに、大人用とは別に赤ちゃん用だけで洗濯をし、洗剤も赤ちゃん用に準備してあげることが望ましいでしょう。

» 読んでみよう

摩擦にも気をつけよう

水洗

赤ちゃんの肌は思っているよりも非常にデリケートです。そのため、空気の乾燥や衣服の摩擦などが刺激となり、乾燥してしまうこともあります。乾燥を防ぐためには、適切な保湿ケアを行うということが最も大切になります。

» 読んでみよう